8


どうやって寿命を延ばしているのか?

1.常識的な食生活をする。

現代の競争社会では、生活のペースが加速し、多くの若者が忙しく、1日3食を時間通りに食べることが贅沢になっていますが、不規則な食生活は、潰瘍や胃炎などの消化器系の病気を引き起こしやすくなります。 一晩寝て、一日を過ごした後、腸の内容物は完全に消化され、胃酸を中和し、体にエネルギーを供給するのに十分な食べ物がなければなりません。 しかし、不規則な食事は食事量が増えて食べ過ぎになり、胃や腸の負担が増えて消化不良や胃潰瘍の原因になることがあります。 どんなに仕事が忙しくても、1日3食を決まった時間に食べ、何かの理由で食べるのを遅らせないようにしましょう。 他の理由がある場合は、全粒粉のパンやヨーグルトでお腹を満たすことから始めるといいでしょう。

2.お酒の量を減らす。

お酒を飲むと肝臓に負担がかかることは周知の事実です。 肝臓は体の中で最大の解毒・代謝器官であり、アルコールの90%は肝臓に入って分解・代謝されます。 そのため、お酒の量を減らして、アルコールに頼らないようにすることが大切です。

3.夜更かしをしない。

就寝前の身体へのダメージは自明の理です。 一般的に1日の睡眠時間は7~8時間を下回らないようにし、23時前には就寝し、昼には30分の昼休みを取ることで、体力や気力を回復させ、傷ついた細胞を回復させることができると言われています。

4.もっと運動しましょう。

「運動は命の源」というのは本当です。 このような状況の中で、当社はお客様のご要望にお応えし、お客様のニーズに合った製品を提供することを目指しています。 この運動は、運動中の靭帯の緊張を避けるために、ウォームアップ運動の前に行う必要があります。

5.しっかりと水分補給をする。

水は生命の源であり、新陳代謝にも関与しています。 血液が濃くならないように、また、代謝率が上がるように、水分をしっかり摂るようにしています。 原則として、水は暴飲暴食ではなく、1回200ml程度の少量を少しずつ飲むことが望ましいです。 特に、寝る前と朝起きた後の空腹時にコップ1杯の水を飲むことで腸を潤し、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐことができますWomen Healthcare

6.食生活に変化をつける。

どのような食べ物でも総合的に体に栄養を与えることはできません。 十分な栄養を確保し、抵抗力や免疫力を高めるためには、肉類、混合穀物、果物などをバランスよく摂取し、食生活を多様化させる必要があります。 脂肪と塩分の摂取量をコントロールし、成人の1日の塩分摂取量は6gを超えないようにします。 動物性油脂の代わりに菜種油、ピーナッツ油、大豆油などの植物性油脂を使用する場合は、25gを超えないようにします。

精選文章:

鼻が白いと何がいけないの?

免疫力を高めるためのヒントですね

免疫力を低下させる生活上の習慣とは?